2010年06月24日

野球賭博事件について

大相撲界の野球賭博問題が伝えられている。

多かれ少なかれ

いろんな人にはギャンブルなどの射幸心はあるだろうけど。

非合法はだめだよ。


私の家の近所(徒歩5分)のところに、

名古屋場所になると○○松部屋が来る。

私の両親は、もうかれこれ10年以上後援会の会員で、

相当入れ込んでいる。

その部屋が、

今回の賭博事件において大いに関与していたことが判明。

私の父親は「裏切られた!」と憤怒激怒。

高齢のため、

あまり怒りすぎると、今度こそ心拍数と血圧が上がって


プッツンしてしまうから、やめとき。



部屋の近くの公園で、

夕方に私はリフティングの練習なんかしてると、


すぐ横で、力士がトラックの古タイヤを曳いて


筋トレしている。

あいつもやっていたのかなあ。



私が小学校3年くらいの時代。

「黒い霧事件」というのがあって、

賭博に関連し、選手による八百長があった。

そのときの選手は、

野球界、完全追放。

とうとう、2度と野球場に足を踏み入れることを許されなかった。


その選手のひとりが

近年やっと、

マスターズリーグの会場に40年ぶりに姿を見せただけ。

それくらい、徹底した追放処分が下った。


さて、今回は誰がどう反省して、

どういう処分を下す、下されるのか。

それが、本当に解決であり終止符なのか。

終わりが見えないこの事件である。







 

posted by TETSU at 20:17| 沖縄 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

相撲八百長 二審も講談社敗訴
Excerpt: 最高裁までいくんかな 今の状況じゃ八百長うたがわれても仕方ない [うんうん/]バクチ → 野球賭博 → 闇社会 → 賭け相撲 → 八百長。割と簡単な連想ゲーム(死語)で到達できるワードだったりするんだ..
Weblog: 時々時事爺
Tracked: 2010-06-24 23:14
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。