2010年10月13日

日記101013

蟹クリームのザッケローニー
っていうと何か、イタメシっぽい感じだよね

・・・と、友人のブログに書いてありました。
とてもワロタwww
この友人のこういうノリは、いつもおいらのツボにハマるなぁ。


 

この友人とはもう一人別の友人が最近、北海道旅行をしたようです。
別の友人は、学生の頃からの筋金入りの「旅人」(たびんちゅ)。

昔の旅の軌跡を辿りながら、
時代の移り変わりを痛感したそうです。

ユースホステルや、ライダーハウスが夏はどこも満杯で、
見送りのときは、ヘルパーさんたちが
旗を振ってくれたり、
ギターをかき鳴らして送ってくれたり、
そのあと、
離島の桟橋から、海に飛び込んだり。
そんなのはどこへ行っても定例のことでした。
今は色褪せてしまったようです。


soya1986.jpg
1986年のマリリン



おいらも、10年前、北海道登山の遠征に久しぶりに行ったとき、
あ、あのお店、まだあるじゃないか!とか、
バイクとか、チャリのツーリストが激減したなあとか
いろいろ感じたものです。



これからもし私が北海道へ行くとしたら、
今までの自分の見た場所とは違うものとして
その頃から割り切りはできてます。

今、自分の前に道はできる。
新しい旅先が開ける。
まだまだ未知の世界は広いぜよ。

Munchenと姉妹都市の札幌。
12月になると、大通公園にイルミネーションと
ドイツ風に、クリスマスマーケットが立ちます。


近い将来。
札幌ドームがアウェイになるように、
みんなでススキノへ繰り出せるように、
がんばって応援していこうと思う。


寒い日に、
みんなでかりゆしウェアに短パン、島ぞうりを履いて
札幌地下鉄東豊線に乗り込もうぜ。


posted by TETSU at 08:26| 沖縄 ☁| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おぉぉぉー! 若くて活気があるのぉ!
素晴らしい写真を見せて頂きました。


小生もこのころよりも遅れますが、学部の頃(+α)の(特定の)ユースホステルは、唄って踊って見ず知らずの旅仲間と仲良くなり、そしてヘルパー達による賑やかな見送りだけではなく、東京や大阪等でのユースのポストイベントにもちょくちょく顔を出していました。

それに引き替え今の若い子は…(略)

本当にいい思い出をさせてもらいました。
特に旅先での出会いは今でも糧になっています。その中で僅かですが、時々自宅に招いて飲み会などを開いています。

この話はお互い話すと尽きそうにないので、ここで締めさせていただきます。
Posted by コツコツ at 2010年10月13日 22:32
コツコツさん
トラックバックもありがとうございます。
小生は、ユース泊はもとより、キャンプ場、駅寝、バス停寝、など様々でしたが、地域の人の優しい大らかな心に許されていたからだと思います。それは本当に感謝です。
Posted by TETSU at 2010年10月14日 08:36
蟹クリームのザッケローニ!テツにぃにぃのそのお友達は面白いねぇ! お笑いセンスあると思うょ ウキャ♪(/ω\*)
Posted by ゆっこ at 2010年10月14日 14:22
ゆっこさん
そのお友達はいつもツボにはまったギャグで笑わせてくれますよwww
Posted by TETSU at 2010年10月14日 18:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165551851
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

帰りの機内で
Excerpt: 昨日ですが帰京しました。1泊2日でしたが、小生の青春を辿る濃密なドライブでした。機内では、昔の旅での出会いや想い出が様々浮かび、そして想いが込み上げ、目がうるみ、一筋ですが頬を伝いました。道中、前の記..
Weblog: ちょっと黄色とベンガラ色と
Tracked: 2010-10-13 22:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。