2012年06月14日

風が吹けば自家発電ができて、電力会社が儲からない


きのうの国会中継。
かの「偉大なる」松下政経塾とやら出身のメタボ首相いわく、

原発がなくなると

化石燃料による発電になる。

この燃料が高騰すれば、料金に転嫁せざるをえなくなる。

日本の中小の企業にとってコストが圧迫され苦しくなる。

よって日本の産業経済、日本がダメになってしまう。

このきわめてシンプルな桶屋が儲かる式論法の説明。
これであっさりこんなこと決断していいんだろうか。

で、しかも
国民の安全を守るのは私や政治の責務であります。
と、今更ご立派なお言葉の結びがついていた。もっともらしいご立派なきれいごとで包装されて仕上げをした説明説得ほど
胡散臭い。

来年の今頃いるかいないかわからないあんたに、
誰も責任なんて期待してないよ。

経済とか独占企業の電力供給を質にとった
脅し論法を展開するほど
人々は何か知恵を絞るものだよ。
そうやって頭脳を使って
この島国の人間はしたたかに生きてきた。

経済発展と国民の生命を天秤にかけているところから
すでに間違いの源流になっている。


ともかく

あっさりと


原発容認

なんだとさ。

国策として継続するんだとさ。


福島の重大過酷悲惨な事故で、
誰一人責任をとっていないどころか
責任なすりつけあいがいまだに行われている。

あの事故ひとつで
すぐにあたふたしてしまって、
指揮系統や状況把握が混乱して、
情報錯綜、右往左往のドタバタを
あっけなくやってしまった

こんな脇の甘い国ってあるだろうか。


我々の偉大なる大宗主国
アメリカ合衆大帝国様におかれましては
偉大なる我らが大統領様にもしものことがおありになったときは、
まず当たり前だけど副大統領様が指揮をおとりになられあそばされる。
その副大統領様に何かがおありになられた時は、
補佐官か何かが指揮権継承順位が設定されている。
そして、その次 その次 その次 と
第20人目くらいまでの指揮受け継ぎ者を設定なさっておられるという。

非常時の危機管理とはこのことで、
あの9.11のときも、
素早い指揮系統と
「司令官」のイニシアチブが
更なる悲劇をとりあえず未然に防いだ。


自分たちの
先祖代々長年住んできた
この災害だらけの列島で、
何を呆けてしまって
危険なものを作ってしまって、

挙句のはては
長年辛酸を舐めてきたはずの災害に
あっけなくやられてしまって。


挙句のはては
誰も責任とらない とってないうちに、
されに安全の根拠が
学者による科学的知見もまだ出されないうちに、


原発ありきの国策が、あっけなくGO ってどういうことだ?

どうせ野豚首相やどこもかしこも責任なんてとるつもりはないんだろうし、
何かあったときには
すでにとっくに退任後で、免責なんだろうし、
せいぜい公聴会で、あの時は悪かった で終わるんだろうし。


何より。

あの原爆被爆国で、凄惨な目にあった国であるという
犠牲の上に成り立っている大事なことを忘れて 呆けている。

電力会社の保護だけが大事な、
こんな思考回路でいいんだろうか。

電気?
十分やっていけるよ。
Yes, We Can!



posted by TETSU at 12:23| 沖縄 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。 (私の父は、玉砕した)。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/
Posted by noga at 2012年06月14日 13:00
国民が選んだかどうかの見識はちょっと疑問が残りますが、どうしてこう、戦争とか原発とか、一部の利権のために大勢と体勢がどんどん悪いほうへ何となくずるずると流れていってしまうのか。

体制や制度の確立の歴史が、自分たちで獲得したものではない直輸入的なものがあるだけに、どうしても不全に陥ってしまう。そして、その不全にも気づかずにずるずる行ってしまう、新たな欠陥の歴史体質ができてしまったような、そんな悪寒がしています。
Posted by TET at 2012年06月14日 19:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。