2012年10月08日

つぶやき集121008

「ウチナーンチュが活躍したからめでたい」という、相変わらず「あさって」の方角向いた、
むごたらしいほどの勘違い空気がとても色濃く漫然と漂っているようです。
こういう「島」の側面はわしは虫唾が走る。反吐が出る。
わしが本当に「島」が嫌いになる前に何とかならんのだろうか。



*************************
どんなに苦しいときでも、苦しいからこそ全力でサポートするのがサポーターという。
まさに正論なんかもしれんが、
そんな定義からすれば今のわしはそんな生き方はできんので、
サポーターではないのかもしれん。
まあ、肩書はどうでもええ。
かといって何ももの言わなければ無条件にええわけでもあるまい。

要はいろいろ言いたいこと思っていること、問題意識があるかどうかが分かれ目。
それを持ちながらも、クラブに惚れているからこそつべこべ言わずにサポートするんだったらまさに立派なものだがな。

わしはつべこべ言う。


***************************

「サポにアウェイサポもホームサポもない」と、問答無用に宣まわられたことがある。

まさにぐうの音も出ないくらいの超正論。

そういうお達しでも出ているんだろうか。

だけど、文言にいちいちぎくしゃくして発言しながら行動するのも生きづらい。

そんな人生送る気はない。

 

沖縄にとって、県内(あえてホームとは言わないよwww)に住むファン(サポとまでは言いません)がしょっちゅう本土(県外って言えばいいのかなww)に行けるのには限界がある。
海という地理的物理的な壁。
輸送力というこれも物理的な壁。
天皇杯で岐阜と松本から秋田の会場にそれぞれコアな人たちだけで200人〜300人くらい集結していた光景をまのあたりにした2年前。
このようにうちはやろうと思えば無理でもやれちゃうような環境ではないのは明白。
その意味でほかのクラブチームよりもより県外(ホーム地域外)サポがどれだけになるかが大きなカギになってくると思う。
たぶん多くの人にとって何を今さらなんだろうが、
クラブとしてそのへんの戦略ってどうなのかな。



***************************

「この勝ち点1は次につながる」とか、わけのわからんマスコミ文学。

具体的にどういうことなのかもわからないまま妙に自己暗示のように自分を納得させて過ごしていないか。まあ、それで心安らかになればそれはそれで幸せで結果よしってやつなんだろう。でも自分も知らず知らず伝染しているかもしれない悪寒。

少なくとも自分で意味も納得しないままむやみやたらにこういう文学に浸るのはいやだな。

 

 


posted by TETSU at 09:09| 沖縄 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チーム自体に 生ぬるい空気があると思います。日記に書きましたが アップ中の覇気の無さなど・・。
批判承知で書きますが 今の琉球は「Jリーガーの天下り先」です。
あと 「甘やかされて調子に乗ってる崩壊したバカ学級」です。
いいですよね言っても・・俺は所詮 グッズ購入したりアウェイしか行けないサポーターですが 公共交通機関にお金払って チケット買ってますからそれくらい言ってもいいですよね。
何はともあれ、これにて今年はもう行ける試合はありません。
Posted by ユウキ at 2012年10月08日 12:36
ユウキ君
思考発表の自由は何人たりとも妨げることはできないけど、もっとロジックを明確にしてみよう。なぜそう思うかが相手に伝わることで何かが展開していくと思う。
Posted by TETSU at 2012年10月08日 12:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/296286843
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。